Google App Engine(GAE)で、ネイキッドドメインを使えるようにする

Google App Engineで使用するドメインをGoogle appsにて設定しようとしたら、ネイキッドドメイン(wwwがつかないドメイン)のリダイレクト設定という項目があるのに気づいた。

記憶が曖昧だけど、以前はこの設定はなかったような気がする・・。なので、以前設定したドメインではwwwなしのドメイン名でアクセスするとエラーになってた。ここで設定することで、ネイキッドドメインにアクセスしても、wwwのドメインの方が表示されるようになった。設定は簡単だった。

domein 1.jpg  938×407

(画像はクリックすると拡大)

Google appsの設定画面で、Domain settings→Domain namesと進むとリダイレクトの設定がある。

なぜか設定画面が英語になってるけど、たぶん日本語でも同じような画面のはず。

domein 2.jpg  938×407

Change redirectをクリックすると以下の画面が出てくる。

domein 3.jpg  671×271

ネイキッドドメインにアクセスした場合に、どこに移動するか設定。wwwを入れてあげる。

この設定を有効にするには、ドメインホストのAレコードの設定を変える必要がある、という説明。

continueをクリックすると以下の画面が出てくる。

domein 4.jpg  671×637

ドメインのホストサービスのところで、Aネームの設定をして、表示されているIPアドレスを入れるとのこと。

グーグルのヘルプを見たら、以下のGoogle Apps Discussion Groupのページが参考に載っていた。

http://knol.google.com/k/google-apps-discussion-group#view

私は、ロリポップのムームードメイン(公式サイトMuuMuu Domain!)でドメインを取得していたので、以下のように設定しました。たぶん、お名前.comでも同じような方法だと思います。

ムームードメインの管理画面にログインして、ムームーDNSのセットアップへ進み、設定2のところをいじりました。説明通りAレコードを追加して、指示通りのIPアドレスを追加。

ムームードメイン   カスタムDNSのセットアップ情報変更

TXTはたしか、ドメインの所有者の確認のために使ったもの。ネイキッドドメインのリダイレクトの設定のために追加したのは青で囲んだ部分のみです。

設定後、ほんの2,3分で設定が反映され、ネイキッドドメインにアクセスすると、ちゃんとwwwのドメインが表示されるようになった。

プログラミング Google App Engine
Dan Sanderson 玉川 竜司
4873114756


広告

コメントを残す