マラソンマウス(ロジクールM705t)を買い換えて同じものを買う。

ずっと気に入って使っていたマウスが壊れてしまった。

左クリックでドラッグ&ドロップをしようとしても、すぐに選択状態が解除されてしまう。どうも左ボタンを押したままでも、接触が悪く、押したり離したりを連打している、という状態になっていたらしい。ボタンの接触部分を見るとスイッチを押す部分にある小さいプラスチックスが破損していた。保証期間の3年以内なら交換してくれるらしいが、もう3年以上なので、新しいマウスを買うことにした。

いろいろ探して見たけど、ピンとくるものがなかったので、気に入っていたこともあり、また同じマウスを購入することにした。購入したのは、LOGICOOL マラソンマウス M705tというもの。

DSC_0817

左が3年ちょい使用したもの、右が新品。下にあるのはレシーバー。

LOGICOOLのマラソンマウスM705で一番気に入っているのは、親指が当たる部分。ここに合計3つのボタンが配置されている。親指のちょっと上に、2つの細長いボタンがあり、この2つにコピーとペーストの機能を割り当てる。そして、親指のちょうど真下の押しやすい部分にあるボタンにエンターの機能を割り当てる。これで、コピーとペースト、エンター操作がすべてマウス操作をしている親指だけで操作できる。これが凄く便利で、ボタン配置も絶妙にいい感じ。全体の質感や触り心地もいい。電池2本の並列配置で電池交換をほぼ気にしなくていい点も気に入っている。ただ値段は結構高く7,000円くらいする。コピーペーストとエンター操作がすべて親指でできると時間を短縮できるので、それを考慮したらお得だと思うのでまたリピート購入した。

今発売されているものは型番がM705rからM705tに変更になっているけども、違いは特にないもよう。ただ型番が新しい方は価格が高めで売られていて、古い型番の方が1000円くらい安かったです(以前の型番→LOGICOOL M705r)。

amazon LOGICOOL マラソンマウス M705t
楽天 LOGICOOL マラソンマウス M705t


広告

コメントを残す