ETFのメモ

ETFは手間とコストがかからないのが利点なので細かいことはせず、国内3、国外7の割合で投資しようと考えてる。

国外が多めなのは今のところ自分自身に海外で稼ぐ能力があまりないから。でも調べていくうちに全部個別株でもいい気がしてきた・・。

以下メモ。

国内株式分は簡単。
野村アセットマネジメント運用の【1306】TOPIX連動型上場投資信託で決まり。
8千円ちょいから投資できて、出来高も多く、純資産残高も多い。
松井証券だと10万円以下は手数料無料なので、松井証券で1306を買えばOK。

問題は海外ETF。海外ETFの場合は海外株式の売買手数料が適用されるので、最低でも売買手数料が2千円以上かかる。少額で毎月買うようなことしたらコストが高い。
ところが、MSCI KOKUSAI(日本を除く世界の先進国の株式指標)に連動を目指す(←あくまで目指す)ETFが国内ETFで上場されているのを発見。
ただし、調べてみると出来高も残高もあまり多くなく、板が薄いので、微妙。

ETFではなく、投資信託のeMAXIS先進国株式インデックス(信託報酬0.63%)は同じくMSCI Kokusai Indexへの連動を目指すタイプで、消去法で選ぶとこれになりそう。投資信託の場合は売りたい時にすぐ売れないのがデメリット。もともと一部の放置用なのでこれで十分かも。まだよくわかってないのでもう少し調べてみよう。


広告

コメントを残す