水泳メモ2 バタ足で進まない原因と対策

バタ足の基本は、膝を曲げないこと、とよく初心者向けの本に書かれている。
なので、その通りに意識して膝を曲げないようにやってたけど、明らかに前に進む速度が遅いので、プールやお風呂でいろいろ試行錯誤したり、動画見たり、魚の泳ぎ方を研究してみた。

水の中での自分の足の動きと水の動きを観察していると、水が後ろではなくて、下の方に流れているのがわかった。なのでいくらバタ足しても体は前に進まず、足を水面に押し上げる力に使われていた。足首に載っている水のサッカーボールを真下に一生懸命蹴っていた感じ。

前に進むためには、水を後ろに流さないと駄目なので、そのためには水を蹴るときには足の甲の部分を水中で下ではなく、ある程度は後ろの方に向ける必要がある。足首に載っている水のボールを下ではなく、後方に蹴るイメージ。後方に蹴るにはある程度はヒザを曲げる必要がある。なのであまりヒザを曲げないことを意識しすぎるのも良くない。太ももに関しては、歩く時に太ももを持ち上げる時の動きに近い。足を蹴った後、戻す時はヒザを伸ばして戻す。この時ヒザを曲げると水の抵抗が増える。

以上のことを意識してバタ足をするようになって前よりは断然進むのが早くなったヽ(´ー`)ノ

追記
市民プール検索
公共プールの使い方


広告

コメントを残す