人民広場横の来福士6階にあるフードコート大食代で夕食。

中国、上海の地下鉄1号線、2号線、8号線が重なっている人民広場駅のすぐ横にある来福士6階のフードコート大食代に行ってみた。地元の若い人に聞いたら、ここの来福士は若者に一番人気の場所とのこと。

来福士6階にあるようなフードコートは上海にたくさんあって、使い方はまず、中央のあたりにあるレジみたいな場所でカードを買って、そのカードを持って各店舗で支払いをして、もう使わない場合はまたカードをレジに持って行くと、残金を返金してくれる、という物。価格帯は結構安め。白ご飯とおかずのセット山盛りで20元あれば食べることができる。注文する時はカードを渡すだけでOK。取り敢えず100元だけ入れてみた。中華料理の名前はわからない物が多いので、見本を見て、勘で注文。鶏肉と野菜炒めのセットのような物を頼んだけど、極普通の定食という感じだった。出張や旅行で来て、中国語がまったくできなくても指さして注文できると思う。カードを買う時は、100元とか入金したい金額を渡せばいい。

周りにグルっと店舗が並んでいて中央にずらっとテーブルと席が並んでいるので、料理を買ったら好きな場所に座って食べる。客層を見てみると20代の若者がほとんど、カップルも多い、1人で食べている人もチラホラ見かけた。食べ終わった後に、飲み物が欲しくなったので、そばにあるフレッシュジューズのお店でジュースを注文、15元くらいだった、注文するとその場でミキサーでジュースを作ってくれる。

このフードコートはほんとに普通の食事用の場所という感じでした。

いくつかのデパートというかショッピングセンターに行ってみたけど、基本的にどこも不思議なくらい似たような作りになっていて、何個目かから飽きてくる・・。上に階にはスポーツジムがあって外から丸見えの場所でランニングマシーンに乗っているのがちょっと異様な感じがしてしまった。


広告

コメントを残す