自信とプライドについて(岡田斗司夫のひとり夜話 #21)

岡田斗司夫のひとり夜話 21回目で「自信とプライド」についての話があって面白かったのでメモしておく。

岡田斗司夫さんは大阪芸術大学で講義をやっていてよく学生から自信がないんですがどうしたら自信がつきますか?と質問されるらしい。
結論は「自信を持つ必要はないがプライドは絶対持つ必要がある」とのこと

なぜかというと自信は実績がないと生まれないものだから。実績がなくて自信がないのは当たり前。例えばマンガを毎日5ページ1年間描き続けたときに俺にもこのくらいできるんだと自分の能力に対して自然と沸いてくる自覚のようなもの、これが自信。これは実績から生まれてくる余裕みたいなものでその行動が当たり前になったときに出てくる。よって実績がないのに自信だけを先取りすることはできない。

対してプライドは根拠のないもので、自信の先物買いみたいなもの(こういう例えが岡田斗司夫さんは上手い)。自信がないうちは「俺様にはこれぐらい絶対にできるはずだ!」というプライドが支えてくれる。プライドは根拠がないものなので学歴とか肩書きとか家柄とか根拠のあるものは偽者のプライド。(←ここの意味はよくわからなかった、なぜプライドには根拠はないんだろう?)

ただしプライドを持つためには妥協をしてはいけない、例えば岡田斗司夫さんが講義をしている大阪芸大でも学生たちはせっかくクリエイターになるための学校に来てるのに学校が終わったら飲み会をやったりして遊ぶ。遊ぶこと自体は悪くないがプライドと相談して今日は遊んでもいいと判断したならいいけど、何も考えずに遊ぶのはよくない。

またプライドは損得で考えると持たないほうが得、なぜかというと、例えば電車でお年寄りが立っているときにプライドがあると席をゆずらないといけないから損になるから。

***
岡田斗司夫さんの話は今回も面白かった。岡田斗司夫さんの話をまるごと信じたらダメだけど、考え方は参考になる。僕もこれくらい自分のまとまった考えをきちんと人に伝えることができるようになりたい。
今回の自信とプライドの話については、自分の経験を振り返ると自信がないってことを気にしてるときはそのことを本当は別にやらなくてもいいやくらいにしか思ってなかった気がする。物凄くやりたいことや好きなことだったら自信がなくても体が勝手に動いて行動している。その行動を支えたのは何だったか?と考えるとそれまでの小さな自信の積み重ねだったように思う。ただまったく今までやったことのない分野のものなら岡田さんがいうようにプライドが支えてくれるのかもしれない、このことについてはつねにモヤモヤした感じを頭のなかに保ち続けて、機会があるごとに考えつづけていこう。

U333 KENWOOD ケンウッドのレビュー感想

KENWOOD(ケンウッド)から最近発売されたU333というカーオーディオ(CD/USBレシーバー)を取り付けたので使ってみた感想というかレビューを書いておきます。(以前カーオーディオU333の取り付け過程を記事に書いたら検索して来る人が意外に多かったので)

u3331

今回取り付けたU333
写真はなぜかざらついて感じになって綺麗に撮れなかった・・・

U333のいいところ

  • カーオーディオとしては値段が安くて機能もそこそこでコストパフォーマンスがいい
  • 質感は高級ではないがめちゃくちゃ安っぽくもなく値段相応の最低限のラインはクリアしてると思う(よく見ると安っぽいが普通に見る分には十分なレベル)
  • U333は表にUSB端子がついているからUSBメモリーに入れた音楽を簡単に聞ける
  • 照明が明るく見やすく(ただし直射日光が当たると見えない)、派手でなく落ち着いてる

U333のよくないところ

  • U333は純正カーコンポと比べると操作が複雑に感じた、特にラジオをすぐ聴きたいときに例えばCDを聞いている状態から切り替えるときAMやFMボタンを押してもダメで一旦切り替えボタンを押してチューナーに切り替えないといけない。これは面倒に感じた。
  • イルミネーションの切り替えがないので、車のライトをつけても消しても照明の明るさが変わらない。(コスト削減のため?)
  • 純正カーオーディオと比べるとボタンが小さいので操作がしずらく感じた。

u3332

U333に直射日光が当たった状態、ラジオをつけているけど表示がみずらい。あとこれだと実際より安っぽくみえるがそれほどではない)

u3333

(U333を昼間撮影、この状態が一番普段見ている状態に近い写真なので参考に載せておきます、U333の表示はかなり見やすいほうだと思う)

u3334

U333が夜間はどうのように見えるか載せたかったが写真が上手く撮れなかった、実際はこれほどまぶしくはない、ただ車のライトをつけてもU333にはイルミネーションの減光機能はないので昼間と同じ明るさ)

U333を選んだわけ

ケンウッドのU333を選んだのは最新のカーオーディオの機種の中で値段が安く、機能もそこそこな物を探すと自然とケンウッドのU333にたどり着いたからです。今回いろいろ探してみた気づいたんですがカーオーディオって種類が多そうで実は思っていたほど選択肢は多くないですね。カーオーディオを1万円台で探すと特に種類が限られるので選ぶのにあまり迷わなかったです。逆に考えるとこのU333を開発した人たちはうまくそのあたりのカーオーディオの需要を狙ってそれが成功しているといえるかもしれない。最新の機種でなくUSB端子などがついてないカーオーディオでよければU333よりもっと安い価格でありますがそれほど価格差はないのでU333にしました。U333の詳しいスペックなどはケンウッド公式サイト U333が参考になります。

U333をどこで買うとお得か?

KENWOODのU333を買うと決めてオートバックスを見に行くとほぼ定価で17,000円くらいでした(U333のメーカー希望小売価格は税込み18,375円)、これに取り付け工賃が5,000円くらい別にかかるとのこと。取り付けは簡単で自分でできるので通販で買うことを考え楽天で調べると税込みで13,000円を切るところがたくさんあったので楽天で購入しました。(ついでに取り付けキットと日産車用アンテナ変換キットも一緒に購入)。僕が買ったのは税込み13,000円以下でした。

取り付けに必要なアダプター類はエーモンのサイト(一番下のオーディオハーネスのところ)で調べて楽天市場で注文すると便利です。エーモンのサイトで調べた商品名/商品番号を入れて検索するとすぐ出てきます。

U333の取り付け

以前にもカーオーディオの取り付けはしたことがあり作業自体は簡単で10分もかかりませんでした。少し機械いじりとか好きな人だったら余裕で交換できると思います。車は日産のアベニール(W10)です。お金に余裕がある人は別ですけど普通の人は自分で交換したほうがかなりお得ですね。

U333を買った感想、レビューのまとめ

U333を使い始めて1ヶ月ほど経ちますが結論として買ってよかったと思います。U333はカーオーディオとして特に致命的な欠点もなく値段を考えると十分合格点をあげられるいい買い物をしたと満足しています。操作も慣れるとそれほど面倒に感じなくなってきました。USBメモリーは使わない人にとっては余計な機能ですが、使う人にとってはUSB端子が表面についているU333はかなり便利なものだと思います。U333の照明は派手すぎずシンプルで落ち着いているところも気に入っています。逆に派手なものが好きな人にはケンウッドのU333は物足りないかもしれません。

成功への近道(まとめ)

前回ギャオの番組の「岡田斗司夫のひとり夜話」で岡田斗司夫さんが語っていた成功への近道についてメモを書いた。それからしばらくして考えがまとまってきたので簡素にまとめておこうと思う。

まず成功するための万人に共通する必勝法やノウハウ、法則はない

できるだけ失敗の確率を減らしチャンスの回数を増やす、すると偶然成功することがある、これがその人に特化した成功パターン

なぜなら人はみな素質、能力、性格、周りの環境など一人ひとり異なっていて成功した人は運が良かったから

よって他人の真似をしても上手くいかない

自分に合った方法が必要でそれに出会うにはどうしたらよいか?が重要

結論は「できるだけ失敗の確率を減らして回数をこなすこと」「回数を重ねて習慣化する」

なぜなら
何かをやるときに一発逆転を狙って大きなリスクをとると失敗しやすく、また失敗したときには再起不能になりやすい

なぜ失敗しやすいかというと、一回しかチャンスがなく試行錯誤できずスキルがあがる暇がない

よってできるだけリスクを小さくして大きな失敗をしないようにし、チャンスの回数を増やすことが重要

数をこなすうちにスキルが騰がるし、たまたま上手く行くことがある、これが自分に特化した成功のパターン

あとはこれを繰り返してブラッシュアップしていくことで成功していく

自分が理解したものと 岡田斗司夫と話しているものには違いがあるかもしれないけど、考え方として面白いと思う。

岡田斗司夫が語る成功への近道

USENがやっている無料テレビGyaO(ギャオ)内のGyaOジョッキーという枠内で岡田斗司夫が月に一回、「岡田斗司夫のひとり夜話」という番組をやっている。面白くて過去の放送分もすべて見た。第20回目の放送で話している成功への近道という話が印象に残ったのでメモしておく。

***

世の中には成功するためのノウハウを語る人がたくさんいるが、基本的に成功するための必勝法やノウハウは存在しない。

なぜなら人は皆微妙に違っているから。それぞれの人の経験や人間関係、環境、読んできた本、子供時代のすごし方などは違っていてそれに基づくその人なりの成功の法則のようなものは他人に教えても意味がない。また成功の必勝法があるなら、例えば最近本が売れている勝間和代さんの周りの人や、たくさんの成功した人に取材している雑誌の人はみな年収3千万になっているはずだが実際にはそうではない。ただああいう本は読むと元気にはなる。

大学の学生からあるイベントを成功させるにはどうしたらいいか?と質問されたときの答え。成功するノウハウはない。どうすれば成功するか?ではなく、どうやったら失敗する確率を減らすことができるか?を考えることが一番の成功への近道。すごく力を入れて1回のイベントにかけると失敗しやすい、それで上手くいけばいいが失敗した場合取り返しがつかなくなる。それより軽くリスクが少ないイベントを5回やったほうがいい。数をこなすうちに経験値がたまるし1回失敗してもダメージが少ないから次につなげられる。

大切なのは習慣化して数をこなすことで、失敗を減らす一番の方法は習慣化して当たり前のことにして数をこなすこと。何回もやっているうちにたまたま成功することがある、これが成功の法則で、成功の法則とは下から積み上げて磐石の態勢で築くものではなくいくつもの細かいことをやっていき偶然ヒットするもの。世の中で成功している人でも正直な人は自分は運が良かっただけと言う。

チャレンジの回数を増やす→たまたま上手くいく→それを繰り返すことで自分のオリジナルのやり方がわかる

例として岡田斗司夫さん自身はもともと口下手で人前で話すのも下手で、大学での始めての講義のときは自分の子供くらいのまだ高校をでたばかりの生徒に対して緊張してしどろもどろになっていたとのこと、ただ毎週講義をしたりギャオの番組で何度も数をこなすことによって嫌でも技術が見についていくので自然と話が上達していった。週間連載のマンガ家が絵が上達するのと同じ。あと例えばラーメン屋をやりたいとして、ありがちなのはいきなり全財産かけてお店をはじめること。これは失敗しやすい、それより試しに知り合いのお店で週一回数量限定でやらせてもらうとか、試しにネットでちょっと売ってみるとかするほうがよい。

何かをやるとき必勝法とかはあまり考えないほうがよい。自分と他人は違うから他人のノウハウを真似たり、組み合わせるより失敗しない程度の細かいチャレンジを繰り返しながら偶然転がりこむ成功を磨き上げるほうがいい、すると自分なりの必勝法ができあがる。

レコーディングダイエットも同じでメモするだけで痩せるのではなく、メモすることでいかに太るための努力をしているかに自分で気づくからそれをやめる自分なりの方法がわかる。女の子にモテない人もどうすれば女の子にもてるか?ではなくいかにモテない努力をやめるかに注目して、モテない行為をできるだけやめて偶然のヒットをまちそれに磨きをかける。受験でもいかに成績をあげるかではなく、いかに成績を落とすための努力をやめるか?が大切かもという話。

以上覚えている範囲で適当にメモしておいた。いくつか辻褄があってない話もあった気がするけども、言いたいことは理解できたつもり、たぶん。

「岡田斗司夫」の悩みと迷いに差をつけるためのメモ術

悩みと迷いに差をつけるためにメモを使うとよい、また悩みを迷いに変えると精神的負担が減るという話

「Science Xitalk(サイエンス サイトーク)」というTBSのラジオ番組のバックナンバーをネットで聴くことができる。そのなかに岡田斗司夫さんのレコーディングダイエットについて話す回があるが、レコーディングダイエットの話もおもしろいけど、食べたものを記録するという話から何かをメモすることの話になり、悩みと迷いに差をつけるには紙に書くのがよいという話になりなるほど!と思ったのでメモしておく。

 

・悩みとは頭の中がゴチャゴチャして整理されていない状態

・迷いというのは選択肢があってその中で優先順位がつけられない状態

 

まずは悩んでいることをすべて紙にメモしていく、次に似ているもの同士をまとめてグループ分けしていく、すると悩みが迷いに変わりその時点でもう脳にかかる負荷が80%くらい減ってストレスが激減する。迷いの段階になるとあとはほっとけばいいらしい(この部分の説明はよくわからなかった)

自分が悩んでいるときのことを考えるとこの悩むと迷うの区別ができていないと思う、目の前にある問題を一気に解決しようと頭の中を整理しないで前に進もうとするから同じところをぐるぐる回って時間を無駄に浪費してしまうことが多い。インタビューしている日垣隆さんも言っているけどメモするだけというたいしたことないような行動でもわかりやすい実感できるメリットがないと面倒くさいと感じて人間はやらないものなので、やりかたを工夫して実行したいと思っている。

とりあえずはあまり関係ないけども1日の時間の使い方をメモするようになった、これはもう1ヶ月続いている。無理をしないでできる範囲でやろうと最初から決めていたのがよかったのか別に頑張らなくても不思議と続いている。なにか新しいことをはじめようとしたら最初のハードルを低くすることが継続していくポインとかもしれない。同じようにして悩みと迷いに差をつけるということもやっていくつもり。